失敗しないマンション選ぶ

失敗しないマンション選ぶ

ほぼ全てを作り変える

このエントリーをはてなブックマークに追加

ここまでの記事で触れてきたように、リフォームでは建物の骨組み以外はやろうと思えば自由に手を加える事が可能です。
住宅の骨組みは30年程度ではまだまだガタがこないほど頑丈なものなので、ここだけを生かしてほぼ新しく作り替えたとしたら新築住宅とほぼ遜色ない住まいが出来上がると言っても良いでしょう。
このように聞くと、骨組みしか残さずにほぼ1から作り直すのであれば、リフォームではなく更地にして新築したほうが良いのではないかと考える方もいらっしゃるかもしれませんがそうではありません。
ほとんど骨組みしか残らないような大規模な改修になったとしても新築にはしないメリットがあるのです。
一つは工事の手続きが簡単になることが挙げられます。
もう一つは工事の費用が抑えられ、工事にかかる期間も短くなることです。
骨組みしか残さないというとほぼ1から住宅を建てるように聞こえますが、じっさいには違います。
骨組みや基礎といった時間と費用のかかる工事を終えた状態からスタートできるのです。
もちろん多少の修繕は必要になるかもしれませんが、1から基礎工事をする場合の労力とは比べ物になりません。
今ある家のうち利用できる部分を賢く利用して新築同然の住宅を建てられるというのがほぼすべてを建てかえる大掛かりな改築のメリットです。

このページもチェック!

Copyright (C)2017失敗しないマンション選ぶ.All rights reserved.