失敗しないマンション選ぶ

失敗しないマンション選ぶ

入居前と後の注意点

このエントリーをはてなブックマークに追加

住まいも決まり、契約手続きも終わりました。
次はいよいよ入居の準備です。
ですがいきなり引っ越しの作業を始めてはいけません。
まず始めなければならないのは転出のための手続きです。
市町村の役場へ赴き、転出届を提出して転出証明書をもらいましょう。
同じ市区町村での転居でしたら転居届を提出するだけで大丈夫です。
次に郵便局にも転居届を出しましょう。
この手続きをした後一年間は転居前の住所に届いた郵便物を転居後の住所まで届けてくれます。
次にNTTなどの電話会社に新設を届け出る手続きをしましょう。
番号は「116」です。
初期費用がかかってしまうので、手続きの際には注意が必要です。
最後に電気会社、ガス会社、水道局に事前に連絡して使用開始日を決めましょう。
転居したらなるべくすぐに使えるようになるのが一番ですので、早めの連絡を入れておいたほうがいいでしょう。
次は入居後の手続きです。
まずは転居先の市区町村役場での転入届の提出です。
転居前の市区町村役場でもらった転出証明書を必ず持って行って手続きをしましょう。
転入してから14日以内に届け出は出すようにしなければなりません。
また、健康保険と年金の住所変更もこの時一緒に手続きをしてしまいましょう。
厚生年金で支払いをしている人は勤務先の会社に届け出るようにしてください。
次に、運転免許証と銀行やクレジットカードの住所変更手続きをしましょう。
運転免許証は警察署か運転免許センターで、クレジットカードはそれぞれのカード会社で変更が可能です。
クレジットカード会社での手続きは、最近では電話やインターネットでの変更も可能になりました。
また、携帯電話会社や各種保険会社にも住所変更の手続きが必要なので済ませておきましょう。

このページもチェック!

Copyright (C)2017失敗しないマンション選ぶ.All rights reserved.