失敗しないマンション選ぶ

失敗しないマンション選ぶ

制度を上手に活用する

このエントリーをはてなブックマークに追加

平成25年には消費税が8パーセントに引き上げられる事が濃厚です。
人生で高い買い物である、住まいに関して増税する前に検討されていらっしゃる方もたくさんいらっしゃると思います。
しかし、増税に関しまして政府では高額な住宅について、購入する際には減税を行うとい政策も掲げています。
この減税には2013年度末までの入居者が過去最高のローン減税対象になるそうです。
そして、新築の家のみが対象ではなく、リフォームでも減税の対象になるのです。
リフォームの内容として、省エネリフォームやバリアフリー対応のためのもの、さらには耐震強度のためのリフォームとなります。
書類等の提出は必須ですが、認められた場合、所得税から控除されます。
具体的には耐震強度のリフォームを行った場合には、対象の住宅は1981年5月31日以降に建てられた住宅になります。
現在の耐震強度に適合させるように改修をおこなった場合の控除内容は10パーセントの所得税が控除されます。
さらにバリアフリーの改修工事の場合改修費が30万円超えた場合、耐震強度改修と同様に所得税から10パーセントが控除されます。
このような例は自己資金で行った場合ですが、ローンを組んで改修を行う場合でもローン減税というものがあります。
さまざまな制度を活用する事で、経済的な負担を考慮できるかもしれません。

このページもチェック!

Copyright (C)2017失敗しないマンション選ぶ.All rights reserved.